しのしのグラフ

画像と共にお送りする、しのしのによる日々徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2014年F1第12戦 ベルギーGP

sfc2_140826
▲夏の雨に項垂れる、向日葵。 LUMIX DMC-L1

スパ・フランコルシャンで行われたF1ベルギーGP決勝。予選とは異なりドライコンディションでのスタート。
チームメイト同士、序盤に接触したメルセデス2台、パンクしたハミルトンはリタイア、フロントウィング交換した
ロズベルグは後半トップリカルドを猛追して2位という、命運分かれる結果となり、その後も遺恨を残す事に。
ロズベルグのピトー管に巻き付いたハミルトンのタイヤバーストゴミが映像的に印象的でありました。

今レース、可無偉の代わりにケーターハムのシートを得たロッテリーも早々にマシントラブルでリタイア。
そして後半5位争いのマグネッセン、アロンソ、ベッテル、バトンのバトルが1番エキサイト出来た場面でした。

ある意味、メルセデスの二人のチャンピオンシップ争いが今後の注目事項となるF1サーカスですが、
小林可無偉のシートが安泰でない事が、残念至極な後半戦状況になってしまったかと・・・。

スポンサーサイト
  1. 2014/08/27(水) 02:13:19|
  2. F1観賞記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DMC-L1撮影(諸々)

今年手に入れた3台のカメラ紹介、引き続いての2台目め、PanasonicのLUMIX DMC-L1になります。
2006年に発売されたフォーサーズフォーマットのレンズ交換式一眼レフで、まだミラーレス主流になる前の
けっこう重量感のある一品。
ライカレンズとセット売りされていた当時は現在の35㎜フルサイズ機が買える位の値段でしたが、それから
8年後の今、大幅に安くなった(というより世間的には不要になった?)ボディのみを手に入れて、シグマの
フォーサーズ用30mmF1.4をくっつけて使用してみようと思い立ち、それを実行してしまったのでありました。
※フォーサーズ規格だけど750万画素の為、1画素あたりの表現力も優れているのでは? ということも
試してみたかったというのもありつつ。

sfc2_140816_01
▲この弁当箱のごとく四角くごっつくシンプルなデザインがお気に入り。レンズとのマッチングも最高でグリップ感も良し!
 ボディもレンズも(マイクロフォーサーズに比べれば)重いけど、それも存在感として良し!
 こちらもマニュアル感覚に使える操作感が好きではありますが、唯一の欠点としては、同時にRAW保存するには
 毎回メニューで設定し直さなければならないこと。これは本当に面倒なのだけれど、これよりも後に発売され
 所持しているα300よりも総合操作感的にはお気に入りなのは確かです。

sfc2_140816_03
▲雨上がりの講演遊具。F1.4レンズのため、焦点を合わせての背景のボケ具合調整が難しいことをかなり実感
 させられましたが、これは上手くいったと思えるテストショット。尚、発色具合も結構好みかと。

sfc2_140816_02
▲被写体以外がよく分からないくらいボケてしまう作例。

sfc2_140816_04
▲黒ネコさんとバイクの対比なり。

sfc2_140816_05
▲一応絞ればダイナミックな風景も撮れて良い感じ。

撮影する上で色々と勉強させられるカメラなので、余裕があるときは常に持ち歩いていたいと思う昨今です。

  1. 2014/08/17(日) 02:33:57|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LX7撮影(昆虫と花)

今年になってから手に入れた3台のカメラのうちの一つ、PanasonicのコンパクトカメラLX7。
その便利さ故、常に持ち歩き、使い込んでいる状況ではありますが、撮影した画像を一気にアップしたことは
なかったので、ここで紹介したみたいかなと思った次第です。

sfc2_140802_01
▲LX奇数ナンバ現在の最新機種。コンパクトカメラ故映像素子は大きくはありませんが、開放でF1.4という
 明るいレンズが超魅力的であります。
 また、マニュアル撮影がしやすいのと、露出、画面比率、マクロ切り替えがレンズ周りの回転スイッチで
 一瞬にして切り替えられるのも気に入っているところ。(まれに切り替え忘れたりもしておりますが・・・。)
 撮影時はレンズが飛び出すため、、赤色のレンズガードを取り付けております。

sfc2_140802_02
▲今回のF1.4マクロ撮影の写真オンリー、手持ちで近づいて蜜を吸うのに必死な甲虫たちをかなりの近距離で
 捉えております。

sfc2_140802_03
▲こちらはどちらかというと花主体。奥のボケ具合が良い感じです。

sfc2_140802_04
▲花をしっかりと捕まえ、離しません。

sfc2_140802_05
▲さらにアップ気味に1枚!

sfc2_140802_06
▲(最近では標準ではありますが)16:9比率の撮影の楽しんでおります♪

ものすごく感動的なショットが期待できるワケではありませんが、どんな場面でも対応できるその機動力と
思った通りに狙える使いやすさが気に入っている、最近の一台であります。

  1. 2014/08/02(土) 17:50:37|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

しのしの

Author:しのしの


しのしのグラフへようこそ!
http://www.shino2.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
徒然日記 (29)
イベント (8)
F1観賞記 (73)
リメンバー (1)
映画観賞記 (26)
景色堪能 (17)
旅先にて (2)
散策記 (5)
TVTVTV (3)
撮影記 (15)
カメラ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。