しのしのグラフ

画像と共にお送りする、しのしのによる日々徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年F1第20戦 ブラジルGP

sfc2_121127
▲毎年恒例の新宿東口イルミネーション。改めて見直すと静脈と動脈の血管図の様にも見えるし、
 キカイダーカラーにも・・・。OLYMPUS E-PL2 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

2012年F1最終戦、ブラジルグランプリ決勝。
程よい?雨に翻弄されつつも、最期の最期までドキドキハラハラさせられ、そして面白かったレースでありました!
まるで今期のF1混戦模様を象徴しているかの様?
ウェーバーのサポートを期待しないベッテルがチャンピオンとなり、マッサとチームの力をかりつつ、僅差で
トップを取れなかったアロンソ。
ドラマとしては凄く良く出来た展開だが、チャンプを逃した悔しさメーターは計り知れないだろうなぁ。
インタビューアー(往年のチャンピオン、しかも3度の!)ネルソン・ピケからの質問も、きっと半分は
ウワノソラで流れて云ったに違いない。

簡素な総括として、今年度はピレリタイヤに少し翻弄されつつも、なんだかんだエキサイティングな
シーズンだっったのではないかと。
あとは可夢偉の来期チームが決まることを祈りつつ、来年3月の開幕を待つとしましょうかね。

スポンサーサイト
  1. 2012/11/28(水) 03:43:01|
  2. F1観賞記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年F1第19戦 アメリカGP

sfc2_121120
▲レンズフレア越しの新宿熊野神社シルエット。RICOH GR DIGITAL Ⅱ

テキサス州オースティンの(レッド&ブルーのストライプが特徴的な)新サーキットにて開催された、
F1アメリカグランプリ決勝レース。
ポールも取ったし、ここでベッテルのチャンピオン決定か? という雰囲気漂う中、フェラーリの奇策?
によってアロンソをポジション的に優位な奇数列グリッドに置き換えレーススタート。
その作戦が功を奏し、アロンソとマッサは3、4位でフィニッシュ。
トップを走っていたベッテルは猛追撃のハミルトンにパスされ、2位フィニッシュ。
13ポイント差にてベッテルとアロンソのチャンピオンシップ争いは、最終戦ブラジルGPF1観賞記まで
持ち越される結果と相成った次第。まぁエンターテインメントとして考えるに上手い展開になったよね。

で、今回の見所としてはやはりベッテルとハミルトンのバトル、そしてハミルトンの清々しいまでの喜び様、
最期にかつてのF1ドライバー、マリオ・アンドレッティにによるウィナーズインタビューであったかと。

アロンソの頑張りと可夢偉の一発を期待しつつ、今週末のレースを楽しみに待つことにしますよ~!

  1. 2012/11/21(水) 02:17:45|
  2. F1観賞記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここんとこの映画感想備忘録

sfc2_121118
▲羽田空港国際ターミナル展望スペースから臨む、夕暮れ刻の冨士。左側の魔物が如く雲が良い感じでした♪
 SONY α300 DT18-70mm F3.5-5.6

ここしばらくの間に観賞した映画の備忘録的、感想メモでありますー。

・さや侍
・一三人の刺客
 両方とも荒唐無稽な江戸時代サムライ映画で、それぞれ楽しませて貰いましたが、リアル感という点では
 さや侍に軍配が上がった様な気がしました。人間の内面的な部分の表現において。
 
・インシディアス
 SAWスタッフによるホラー映画、というより不思議映画。まぁまぁまぁなくらいの面白さ。
 映画の根本的な主題と、メカの使い方が、SAWには遠く及ばなかったかと。

・モテキ
 原作もTV版も観ていなかった為、自分の脳内予想と反して、普通に青春ドラマでありました。
 PV的演出とサイト風エンディングは今風でそこそこ良かったけれど、感激する要素がそれほど無かったのは
 自分が年くったせいかしら?

・タンポポ
 普通のラーメン極めたくなる気持ちが良く分かる映画。アイバンさんが惚れ込むのも無理はない!
 そしてただひたすらに昭和を感じるのでありました。

・マルサの女
 今更ながらにちゃんと観て、そして面白かった。山崎努はやっぱチャーミングなんだなぁ!

・パイレーツオブカリビアン 生命の泉
 長い! とひたすら感じてしまう作品。バロバロッサにお株を奪われた感じで幕を閉じる。
 まぁ、5、6作目も作られるそうなのできっと壮大なドラマが今後展開されるのであろう。
 キースも引き続き出演するのかな?

・ブリキの太鼓 ディレクターズカット
 長かったけど観て良かった! 30年越しにやっと拝めた!
 ドラマそのものよりも当時の風俗がフィーチャーされた作品だと思う。

・クヒオ大佐
 実存したペテン師をアレンジしてのドラマ化。妄想ものと思えば結構楽しめるかと。


  1. 2012/11/19(月) 02:13:42|
  2. 映画観賞記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年F1第18戦 アブダビGP

sfc2_121105
▲秋の散歩道。良い塩梅の影の付き具合に短くなった日中を感ずるこの頃也。RICOH GR DIGITAL Ⅱ

いやー面白かった! 最初から最後まで凝視してしまったF1アブダビGP!
色々あったもののライコネン復活! それを必至に追いかけるアロンソ! 
ピットレーンスタートながらボディウムに食い込まんとするベッテル!
トラブルを抱えつつも6位入賞を果たした可夢偉!

偶然の産物がもたらした結果をいう側面もあるのだろうが、本当に今回のレース、飽きさせずに
堪能させて頂きました!

恒例でもある、トワイライト時の美しい場面と、デビッド・クルサードによるインタビューも
サプライズ的に素晴らしかったしね!

それにしてもチャンピオンシップ争いの残り2戦、本当に楽しみになって来たねぇ!

  1. 2012/11/06(火) 02:46:18|
  2. F1観賞記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年F1第17戦 インドGP

sfc2_121101
▲うちの娘ルチアショット。丁度インド布の前ということもあってアップしてみた次第。
 Canon PowerShot G10

4日遅れで観たF1第17戦インドグランプリ決勝。
なんだかやたらタイヤゴムがちぎれ飛んでた印象で、さらに面白みのない展開で、途中から早送りモードに。
アロンソ頑張って2位をゲットしたのは素晴らしかったのだが、あとは消化試合感も漂いつつな気もしたりも。
可夢偉リタイアせずに完走できたのはちょっと一安心。
あとは二戦後のアメリカGPを楽しみに待つとしよう!

  1. 2012/11/02(金) 01:27:28|
  2. F1観賞記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

しのしの

Author:しのしの
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
徒然日記 (28)
イベント (8)
F1観賞記 (73)
リメンバー (1)
映画観賞記 (26)
景色堪能 (17)
旅先にて (2)
散策記 (5)
TVTVTV (3)
撮影記 (15)
カメラ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。