しのしのグラフ

画像と共にお送りする、しのしのによる日々徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年F1第11戦 ハンガリーGP

sfc2_120729
▲隣町某施設屋上からのトワイライト風景。曇りがちな空の中、この方角だけは幻想的な画を魅せてくれました♪
 SIGMA DP1S

8月夏休み前のF1ハンガリーGP決勝レース。ザウバーチームは奮わず、2台とも完走まで頑張ってくれたけど、
どうみてもセッティングが決まっていない状況。9月からの後半戦に期待したいところ。

レースの方は終始ハミルトンのペース。ともかくミス一つ無く、ポールからチェッカーまでリードし続けたので
ありました。
あとはロータスの2人、ライコネンとグロージャンが表彰台に上がり、4強へのアピールを果たしたのではないかと。

次回ベルギーにての各チームアップグレードがどうなるのかを楽しみにして、今回は終わりとしたく思います♪

スポンサーサイト
  1. 2012/07/30(月) 02:58:54|
  2. F1観賞記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特撮博物館

館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技 展に行って来ました。
自分が子供の頃、モロ影響を受けた作品に使用された、数々のプロップ等の資料がセンス良く展示され、
その一つ一つを眺めていくごとに、気分はもう怪獣&特撮メカ大好きだった少年時代へとトリップするので
ありました。
あと、「巨神兵東京に現わる」と「巨神兵東京に現るメイキング」の映像2点にとても楽しませて貰ったかと。

sfc2_120728_1
▲初めての東京都現代美術館。全体的にお洒落な雰囲気の施設でありました。
 駅からここに辿り着くまでの道程は10分以上掛かるのですが、当日は猛暑日でさらに昼過ぎであった為、
 意識が朦朧としつつの到着となった次第。

sfc2_120728_2
▲場内はほぼ撮影禁止ではありましたが、ここからのジオラマセットシーンは記念撮影などが可能に。
 ここは映像の中の巨神兵よろしく、自分が巨大化した場面を撮影出来るのです。

sfc2_120728_3
▲で、室内越しに撮影するとこんな感じに。しかし、ちと大きさが分かり辛いポーズだったかも。
 撮影者:妻

sfc2_120728_4
▲こちらは巨神兵~で使用されたジオラマの中を体感できるコーナー。
 映ってない側とかも見ることが出来るのです。

sfc2_120728_5
▲破壊された東京タワー付近のアップ。瓦礫がとても良く出来ております!

sfc2_120728_6
▲本展覧会とは関係無い、美術館常設のオブジェ。横山宏デザインのゾイドの様な、格好良さでありました♪

sfc2_120728_7
▲ついでに現地からの撮影夕景なり。

sfc2_120728_8
▲ガチャで手にれた巨神兵フィギュア。プロトンビーム発射時のイメージであります。

それにしても丸一日居ても飽きないほど、質、量ともに惜しみなく注ぎ込まれた展示会で満足度非常に高し!

RICOH GR DIGITAL Ⅱ


  1. 2012/07/29(日) 01:45:33|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年F1第10戦 ドイツGP

sfc2_120724
▲夕暮れ刻、六本木ヒルズから臨む東京タワー。夏の涼しげな風がとても心地よかったシチュエーションでありました♪
RICOH GR DIGITALⅡ

F1折り返し地点の第10戦、ホッケンハイムでのドイツグランプリ決勝レース。
ベッテルのペナルティによる降格ということもあってではあるが、ザウバーの小林可夢偉、今期最高位の4位を獲得!
この調子で後半ステージも駆け抜けて欲しいもんであります!

  1. 2012/07/25(水) 03:07:25|
  2. F1観賞記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画ヘルタースケルター

sfc2_120715

▲またもや空模様写真となりますが、本日の夕焼け雲ショット。今回はオリジナルに合わせて縦横比率を変えてみたり。
SIGMA DP1S

シッチャカメッチャカさが若干足りず、途中退屈な描写が続くが、まぁそこそこ面白かったのでは? といえる感じの
岡崎京子原作、蜷川実花監督作品のヘルタースケルター
映画内容は別として、脇を固める俳優陣は良い仕事をしていたと思うが、沢尻エリカの頑張り具合も相当なもので、
ここまでやってこその主演女優だよな! と納得させてくれる気合い見せてくれたのでありました。
監督独特なきらびやか映像の他、音楽があの上野耕路! なので、これでピンと来た人は是非とも観に行く価値は
あるのではないかと思った次第。

それにしても美容手術のシーン、とっても痛そうだったなぁ!

  1. 2012/07/16(月) 03:08:42|
  2. 映画観賞記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2012年F1第9戦 イギリスGP

sfc2_120710
▲とある夕方付近の空模様。まき散らされた様な雲が印象的でありました♪
 SIGMA DP1S

先週末シルバーストーンで決勝レースが行われたイギリスGP。
レース自体はバトル満載で途中目が離せない様な素晴らしい展開であったが、ザウバー可夢偉のピット停止ミスにより
なんともはやガッカリ感が漂う状況に。
というのもタイヤミスでもっと上位を狙えたハズが12位どまり。さらに前戦ヨーロッパGPでの罰則のグリッド5つ降格を
受けて17番目という厳しい状況でスタートしたのだが、ハードタイヤ選択と前向きな走りで一時は3位を走行。
これは行けるかも! という誰もが思う期待感の中での出来事だったのでホント呆気にとられた、というのが
正直な気持ち。
でもそれでも最後まで望みを捨てず11番手フィニッシュを決めたのだからこれは立派と言っても過言ではないだろう。

次のホッケンハイムでもガッツを失わないで最高の走りを見せて欲しいものです。

ちなみに今回のは覇者はレッドブルのマーク・ウェバー。レース後彼は来期も継続契約を結んだそうな。

  1. 2012/07/11(水) 02:11:29|
  2. F1観賞記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画ガフールの伝説

sfc2_120708
▲岩崎学生寮の林風景。夕日を浴びて色鮮やかに映える瞬間のショット♪
 OLYMPUS PEN E-PL2 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

300(スリーハンドレッド)で知られるザック・スナイダー監督の3DCGアニメ映画、ガフールの伝説を観賞。
これでもか! というくらい、様々なフクロウが現れて、ヒロイックファンタジー然とした正義をかけた
バトルが繰り広げられる作品となっておりました。
フクロウというキャラ題材な為、あまり期待せずに観たのでしたが、これが予想に反して面白い面白い!
リアリティを求めつつもキャラクターの個性を表現し、更に迫力ある演出へと昇華させた手腕にはかなりの
拍手モノでありました!

あと、美しくもダイナミックな背景映像が素晴らしかったかと♪

  1. 2012/07/09(月) 03:04:39|
  2. 映画観賞記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画トロン:レガシー

sfc2_120704
▲昼下がりの新宿中央公園散歩道。素敵な木陰模様が楽しめたひとときでありました♪
 RICOH GR DIGITAL Ⅱ

前作トロンより28年ぶりに公開された続編映画トロン:レガシー。
観終えた結論から先に述べてみると、予想していたより面白く楽しませてくれた作品でありました。もちろんツッコミ処も
かなりありますが、そんなことを気にしていてはこの世界観には入り込めません。
尚、ハイクオィティなCGで描かれるライトサイクルによるバトルシーンなど、アクションシーンでの見所は満載なのですが、
どちらかというとハイテク感よりも人間くささを強調していた様な気も。まぁディズニーなのでアタリマエといえば
あたりまえなのですが。

それにしても最後は名優ジェフ・ブリッジスに全部持って行かれた感強し! なレガシーであったかと。

  1. 2012/07/06(金) 01:35:23|
  2. 映画観賞記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

しのしの

Author:しのしの


しのしのグラフへようこそ!
http://www.shino2.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
徒然日記 (29)
イベント (8)
F1観賞記 (73)
リメンバー (1)
映画観賞記 (26)
景色堪能 (17)
旅先にて (2)
散策記 (5)
TVTVTV (3)
撮影記 (15)
カメラ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。